自民党 衆議院議員 梶山ひろし

今、確かな未来を創ろう!衆議院議員 梶山ひろし

数字で見る経済再生 実感をあなたに

ブログ、SNSはこちらから

自己紹介

■昭和30年10月梶山静六・春江夫妻の長男として常陸太田市に生まれる。
■太田小、太田中を経て太田一高へ、高校卒業後郷里常陸太田を離れ上京、日大法学部法律学科に進学。
■日大卒業後、昭和54年動力炉核燃料開発事業団(現:日本原子力研究開発機構)に入社、昭和60年同社を退職、梶山静六代議士をサポートするために梶山静六秘書となる。昭和63年に自ら会社を興し代表を務める。
■中小企業経営者として、実社会からの視点を政治に反映させることの必要性を感じ、立候補を決意。
■平成12年衆議院総選挙で茨城県第四選挙区から初当選を果たす。(現在、8期目)
■家族: 母・春江、妻・由可子と3女
■趣味: スポーツ観戦・野球・サッカー・スキー・読書

■自民党幹事長代行
■経済産業大臣(菅義偉内閣)
■経済産業大臣(第4次安倍第2次改造内閣)
■地方創生担当大臣(第4次安倍内閣)
■地方創生担当大臣(第3次安倍第3次改造内閣)

これまでの国会での役職

理念・政策

愛郷無限

私の政治理念は
「愛郷無限」の4文字に込められている。

故郷を想う心なくして国を愛することはできない。
国の発展なくして故郷が豊かになるはずもない。

この限りない思いを抱いた時から
政治家としての歩みが始まり
この志を貫くことが私の信念となった。

その想いを確かなものにするため、
私はこれからも全力を尽くしていく。

梶山弘志の政策課題はこちらから

活動レポート「View」最新号

81号(令和6年5月1日)

  • 成長型の新しい経済、稼ぐ力をつくる令和6年度予算成立。
  • 梶山ひろし、自民党改革、政治の信頼回復に取り組む!
  • 梶山ひろし、暮らしの安心、経済の活性化、国土強靱化にも着実に取り組みます。

梶山ひろしが強力にサポート!令和6年度 整備事業MAP一覧

  • 茨城県無電柱化推進計画(国道461号:大子拡幅ほか)、茨城県無電柱化推進計画(国道118号:池田工区)、道の駅奥久慈だいご外、国道118号(袋田バイパス)、国道118号(大宮大子拡幅)、国道118号(那珂大宮バイパス)、茨城県橋梁長寿命化修繕計画(那珂川大橋ほか86橋)、国道123号(桂・常北バイパス)、常陸那珂港山方線(門部・額田南郷)、常陸那珂港山方線(東海村~那珂市)、菅谷飯田線(芳野小・那珂第三中)、常陸大宮市根本地区(市道1-6号線、2-2号線ほか)、久慈川緊急河川改修整備、那珂川緊急河川改修整備、常陸那珂港整備

新規事業

  • 常陸那珂港区中央ふ頭地区(ひたちなか市)国際物流ターミナル整備事業、防災道の駅観光交流施設整備事業(大子町)、植物園魅力向上対策事業(那珂市)

写真トピックス

  • 国道293号道路改良工事(常陸太田市増井町)
  • 久慈川右岸舟生地先排水樋管改築外工事(常陸大宮市舟生地先)
  • 久慈川左岸宇留野地先築堤外工事(常陸大宮市宇留野地先)
  • 那珂川左岸百色山排水樋管改築工事
  • ひたちなか市勝田地区
    • 水戸那珂湊線道路改良舗装工事(ひたちなか市平磯町)
    • R6.2/17大子町衛生センター竣工…台風19号で被害を受けた衛生センターの建て替えが完了(大子町南田気)
バックナンバーはこちらから