自民党 衆議院議員 梶山ひろし

今、確かな未来を創ろう!衆議院議員 梶山ひろし

10月31日(日)の衆議院議員選挙には
「梶山ひろし」に投票をお願いします。

当日、ご都合の悪い方は10月20日から
期日前投票が行えます。是非ご利用下さい。

  • 新型コロナウイルスにともなう あなたが使える緊急支援 | 自由民主党

梶山自民党幹事長代行の動き

梶山ひろし 2021/10/28 19:46

10/28(木)福井2区高木毅候補の応援で終日福井に。梶山ひろし遊説隊は那珂~ひたちなかを回りました。候補者梶山ひろし留守中も力強い遊説隊の応援です。ありがとうございます! https://t.co/AzvUHWQJ3w

梶山ひろし 2021/10/28 19:27

衆議院選挙 10日目 ⇒ https://t.co/yTdIXx8e6Z #アメブロ @ameba_officialより

梶山ひろし 2021/10/28 14:21

日本の成長戦略・グリーン化を推進 https://t.co/eciscMMfHY @YouTubeより

ブログ、SNSはこちらから

国土強靱化を推進(令和2年~3年の主な事業)

自己紹介

■昭和30年10月梶山静六・春江夫妻の長男として常陸太田市に生まれる。
■太田小、太田中を経て太田一高へ、高校卒業後郷里常陸太田を離れ上京、日大法学部法律学科に進学。
■日大卒業後、昭和54年動力炉核燃料開発事業団(現:日本原子力研究開発機構)に入社、昭和60年同社を退職、梶山静六代議士をサポートするために梶山静六秘書となる。昭和63年に自ら会社を興し代表を務める。
■中小企業経営者として、実社会からの視点を政治に反映させることの必要性を感じ、立候補を決意。
■平成12年衆議院総選挙で茨城県第四選挙区から初当選を果たす。(現在、7期目)
■家族: 母・春江、妻・由可子と3女
■趣味: スポーツ観戦・野球・サッカー・スキー・読書

■自民党幹事長代行
■経済産業大臣(菅義偉内閣)
■経済産業大臣(第4次安倍第2次改造内閣)
■地方創生担当大臣(第4次安倍内閣)
■地方創生担当大臣(第3次安倍第3次改造内閣)

これまでの国会での役職

理念・政策

愛郷無限

私の政治理念は
「愛郷無限」の4文字に込められている。

故郷を想う心なくして国を愛することはできない。
国の発展なくして故郷が豊かになるはずもない。

この限りない思いを抱いた時から
政治家としての歩みが始まり
この志を貫くことが私の信念となった。

その想いを確かなものにするため、
私はこれからも全力を尽くしていく。

梶山弘志の政策課題はこちらから

活動レポート「View」最新号

72号(令和3年10月号)

梶山ひろし経済産業大臣の成果…主な活動を写真とともに振り返ります。

  • 梶山ひろし経済産業大臣の成果(1)新型コロナ禍の対策に全力!…わが国の中小企業を下支えし、地域活性化を進める
    • コロナ禍の事業継続を支えるため、持続化給付金、家賃支援給付金を実施。合わせて6兆円超を給付。
    • 実質無利子・無担保、最大5年間据置という前例の無い融資制度を創設。政府・民間合わせて、280万件・50兆円を融資・保証。
    • ポストコロナへの事業転換支援のため、総予算1.1兆円の事業再構築補助金を創設。
    • 中堅企業への成長の後押し、下請中小企業の取引機会の創出促進のため、法律(産業競争力強化等改正法)改正を実現。
    • その他、地域経済の担い手として中小企業が活躍できるように全力で支援。
  • 梶山ひろし経済産業大臣の成果(2)日本の成長戦略・グリーン化を推進…経済社会構造の大転換、日本の成長戦略を担う
    • 2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、関係省庁と連携し、日本の「グリーン成 長戦略」を取りまとめ、特に成長が期待される14分野についての実行計画を策定。
    • 蓄電池の低コスト化や、次世代太陽電池の研究開発、洋上風力の導入拡大など、再生可 能エネルギーを主力電源とするための取組を推進。
    • 水素社会実現のための技術開発、アンモニア混焼の実証、二酸化炭素の吸収・再利用な ど、脱炭素化のあらゆる選択肢を追求。
    • 企業の挑戦を後押しするため、研究開発から社会実装まで10年間継続して支援する、 前例の無い2兆円の基金を創設。
    • 先端半導体の製造基盤強化、ポスト5Gの情報通信システム、AI・ロボット・ドローン の研究開発など、グリーン成長を支えるデジタルインフラを整備。
  • 梶山ひろし経済産業大臣の成果(3)通商政策を通じ国益の最大化に尽力…国際社会で日本の新たな経済安全保障を築く
    • 自由で公正なルールに基づく国際経済体制を主導するため、世界各国の経済・通産閣僚 と精力的に会談し、積極的に日本の立場を主張。
    • アジア太平洋の自由で公正な経済秩序のため、8年間に及ぶRCEP(東アジア地域包括的 経済連携)交渉をまとめ、署名、発効へ。
    • 英国のEU離脱後切れ目無く、日英EPA(経済連携協定)を発効へ。
    • 自然災害や技術流出など、様々なリスクに備え、国民の命を守る物資を確保するため、 経済と安全保障を一体として捉えた政策を実行。
    • 生産拠点の多元化、調達先の集中度の低減、機微技術の管理・保護制度の整備など、経 済安全保障の具体策を推進。
  • 梶山ひろし、地元の要望実現に全力!地域の整備が着々と進む。(主な事業を抜粋・紹介)
    • 直轄事業……災害復興事業が急ピッチで進む
    • 常陸太田市……トンネル開通、アクセスが便利に
    • 常陸大宮市……駅前のにぎわいづくりが進む
    • 那珂市……4車線化で渋滞解消、安全も確保
    • ひたちなか市……防災対策が進み、物流も活性化
    • 大子町……道路整備、衛生センター復旧が進む
バックナンバーはこちらから